ハクビシン対策で被害を未然に防ぐ|安全生活サポート倶楽部

中年男性

地方自治の許可を得る

woman

ハクビシンの多くが、天井裏に住処を作っています。そのため、ハクビシンに気がつく最初のサインは天井のシミです。天井のシミは、徐々に広がっていき、臭いがあります。また、天井の裏が騒がしいという場合や、猫のような鳴き声がするという場合は、ハクビシンがすみついている可能性があります。しかし、天井のシミや鳴き声だけでは野良猫の可能性や、たぬき、イタチなど別の動物が住み着いているという可能性もあります。ハクビシン対策を行なっている会社は、ハクビシンだけでなく、様々な害獣の対策を行なっている所もあります。ハクビシンがいるのか、確信が持てないという場合は、幅広く対応を行なっている業者に相談を行なうことが大切です。

ハクビシンは、元々日本にはいなかった動物です。江戸時代や明治時代に中国から流入してきたと言われていますが、具体的にいつ頃入ってきたのかはっきりしていません。そのため、グレーゾーンの動物となっており、実害があったときにだけ駆除を行なうことができます。また、ハクビシンは誰でも駆除できるというわけではありません。それぞれの自治体に許可を得ることが必要になります。そのため、ハクビシン対策を行なっている業者でなければ、簡単に駆除することができません。ハクビシン対策を行なっている業者では、捕獲技術の向上や申請を行なっているので逃さずに確実にハクビシンを捕獲していくことができます。ハクビシン対策の業者に依頼して、様々な対策を行なっていきましょう。