ハクビシン対策で被害を未然に防ぐ|安全生活サポート倶楽部

中年男性

被害を食い止める

インテリア

ハクビシンは、もともと山などに住んでいる動物です。しかし、最近では住宅でもよく見られるようになってきました。ハクビシンは、木登りを得意としていることから、木を伝って天井裏などに住み着くことがあります。4センチ以上の隙間があれば、侵入できると言われており、天井裏だけでなく、床下や物置などに住処を構えることがあります。ハクビシンが住み着いてしまうと、一番問題なのが糞尿の被害です。ハクビシンは同じ所に排泄するため、家の中に強烈な臭いがつくことがあります。糞尿の被害があると、臭いだけでなく家の木材が腐ってしまうことや、重さで抜け落ちることもあります。ハクビシンが住み着いてしまったら、早めにハクビシン対策を行なうことが大切です。ハクビシン対策を行なっている業者では、糞尿の掃除などを行なっている業者もあります。

ハクビシンの多くが、ノミやダニがついています。ハクビシンが家にいることで、ノミやダニが繁殖し、血を吸われたことで強い痒みが発生することやアレルギー性皮膚炎を発症することがあります。糞尿の被害も重大ですが、ノミやダニというような被害も大きいものです。早めにハクビシン対策を行なうことが必要です。また、ハクビシンは一見すると可愛らしい見た目ですが、攻撃性の高い個体も多いです。自分でハクビシンを追いだそうとすると、噛まれることやケガをしてしまうこともあるので、すみやかに業者に依頼を行ないましょう。ハクビシン対策は、住宅への被害や、ノミ、ダニの被害を抑えることができます。